人気ブログランキング |

面白い話題や、注目の話題や、訳あり情報の掲示板


by daylyinfo

親鸞

e0192740_16243624.jpg

056.gif親鸞
http://googletopic.dtiblog.com/blog-entry-162.html

(*)親鸞『ウィキペディア(Wikipedia)』
 親鸞(しんらん)は、鎌倉時代初期の日本の僧である。浄土真宗の宗祖とされる。
親鸞は、法然を師と仰いでからの生涯に渡り、「真の宗教である浄土宗の教え」を継承し、さらに高めて行く事に力を注いだ。自らが開宗する意志は無かったと考えられる。独自の寺院を持つ事はせず、各地につつましい念仏道場を設けて教化する形をとる。親鸞の念仏集団の隆盛が、既成の仏教教団や浄土宗他派からの攻撃を受けるなどする中で、宗派としての教義の相違が明確となり、親鸞の没後に宗旨として確立される事になる。浄土真宗の立教開宗の年は、『顕浄土真実教行証文類』(以下、『教行信証』)が完成した寛元5年(1247年)とされるが、定められたのは親鸞の没後である。
一部の研究者は、在世当時の朝廷や公家の記録にその名が記されていなかったこと、親鸞が自らについての記録を残さなかったことなどから、親鸞の存在を疑問視し、架空の人物とする説が提唱された。しかし大正10年(1921年)に、西本願寺の宝物庫から、越後に住む親鸞の妻である恵信尼から京都で親鸞の身の回りの世話をした末娘の覚信尼に宛てた書状『恵信尼消息』10通が発見され、その内容と親鸞の動向が合致したため、実在したことが証明されている。小豆が好きであった。
明治9年(1876年)11月28日に明治天皇より「見真大師」(けんしんだいし)の諡号を追贈されている。西本願寺及び東本願寺の御影堂の宗祖親鸞の木像の前にある額の「見真」はこの諡号に基づく。
親鸞が著した浄土真宗の根本聖典である『教行信証』の冒頭に釈尊の出世本懐の経である『大無量寿経』[8]が「真実の教」であるとし、阿弥陀如来(以降「如来」)の本願(四十八願)と、本願によって与えられる名号「南無阿弥陀佛」(なむあみだぶつ、なもあみだぶつ〈本願寺派〉)を浄土門の真実の教え「浄土真宗」であると示した。










(*)歎異抄 『ウィキペディア(Wikipedia)』
 『歎異抄』(たんにしょう)は、鎌倉時代後期に書かれた日本の仏教書。作者は、親鸞に師事した唯円とされる。書名は、その内容が親鸞滅後に浄土真宗の教団内に湧き上がった異議異端を嘆いたものである。










(*)浄土真宗本願寺派(西本願寺)
http://www.hongwanji.or.jp/

(*)浄土真宗東本願寺派 本山 東本願寺
http://www.honganji.or.jp/










(*)「親鸞展」
http://www.shinranten.jp/
浄土真宗の開祖である親鸞聖人の750回忌記念展覧会「親鸞展」が、2010年(平成22年)から2011年(平成23年)にかけて、全国28ヶ所で順次開催です。









(*)素敵な情報 画像 掲示板 BBS 全国各地のイベント 注目の話題 今週の予定 面白い話題 今週の予定 注目の話題 注目の記事 親鸞 掲示板
http://eventinfo.dtiblog.com/blog-category-3.html
by daylyinfo | 2010-05-03 16:26 | 学問 自己啓発 宗教 瞑想