人気ブログランキング |

面白い話題や、注目の話題や、訳あり情報の掲示板


by daylyinfo

なでしこジャパン 澤穂希 鮫島彩 岩渕真奈 丸山桂里奈 上尾野辺めぐみ 川澄奈穂美

e0192740_8512141.jpg

056.gifFIFA女子ワールドカップ2011 なでしこジャパン 澤穂希 女子サッカー 掲示板
http://weeklyevent.seesaa.net/article/215245237.html

(*)「FIFA女子ワールドカップ2011」
http://www.jfa.or.jp/national_team/2011/nadeshiko/20110717/index.html
決勝戦「日本 v.s. アメリカ」は、2011年7月17日(日)深夜にフランクフルトで開催です。
27:10~ NHK-BS1にて生中継です。
27:35~ フジテレビ系にて生中継です。


(*)「なでしこジャパン」
http://nadeshikojapan.jp/
日本代表メンバーは、山郷のぞみ、福元美穂、海堀あゆみ、近賀ゆかり、矢野喬子、岩清水梓、鮫島彩、田中明日菜、熊谷紗希、澤穂希、宮間あや、川澄奈穂美、阪口夢穂、宇津木瑠美、安藤梢、丸山桂里奈、大野忍、永里優季、高瀬愛実、岩渕真奈









(*)決戦直前、勝手に"なでしこ"美女ランキング
http://www.menscyzo.com/2011/07/post_2797.html
 連日テレビなどで報道されている女子サッカー日本代表"なでしこジャパン"の快進撃。現地17日(日本時間18日早朝)に控えたアメリカとの決勝戦を前に彼女たちへの視線はますます熱を帯びている。そこで当メンズサイゾーでは、さらに応援に力を入れるべく、彼女たちの美しさに注目したい。以下のランキングは記者および編集部の独断だが、読者諸氏にはこれを参考にぜひとも決勝戦を応援してもらいたい。

第5位:川澄奈穂美(かわすみ・なほみ)
なでしこ1のおしゃれ番長としても知られ、オフィシャルブログ(http://pure-city.jp/nahomi/)ではサッカー以外の話題も豊富。ネイルやファッションには人一倍気を使う女の子らしい一面が現代っ子という感じで可愛らしい。決勝では"金のネイル"を塗ることを宣言している。

第4位:上尾野辺めぐみ(かみおのべ・めぐみ)
自称・福山雅治似というだけあって、凛々しい顔つきが素敵な上尾野辺。なでしこジャパンではレギュラーではないが、残り時間のないところで途中出場した準決勝のスウェーデン戦では積極的なプレスを見せてくれた。

第3位:丸山桂里奈(まるやま・かりな)
々決勝・ドイツとの対戦で延長後半に劇的かつ芸術的なゴールを決めた丸山。世界中から注目を集める彼女だが、日本では元東京電力女子サッカー部マリーゼ所属ということで話題に。

第2位:岩渕真奈(いわぶち・まな)
 日本女子サッカー界の至宝として知られる岩淵。まだ18歳の彼女だが各年代の世界大会では得点王やMVPなど総なめ。女性版メッシとも称される世界が注目する逸材だ。その愛くるしい表情はヴィジュアル面でも大いに注目を浴び、テレビなどでも大きく取り上げられることもしばしば。今大会では、相手選手のフィジカルに苦戦しているようだが、若さを武器にスーパーサブとしてでも決勝での活躍を祈る。

第1位:鮫島彩(さめしま・あや)
丸山同様、東電サッカー部に所属していた鮫島は福島第一原発で事務処理の仕事をしていたということが話題になっている。が、そもそも事故とサッカーは何も関係がない。気にするべきは彼女の手を横に振りながらの内股加減の走り方となでしこ屈指の美しさだ。まるで早そうに見えないドリブルをする彼女だが、あっという間に敵を抜き去るスピードは圧巻。メンズサイゾー的に注目度ナンバーワンの選手。









(*)なでしこ奇跡起こす!いざ頂点へ
http://www.daily.co.jp/soccer/2011/07/17/0004277555.shtml
 快進撃を続けるなでしこジャパンが7月17日午後8時45分(日本時間午前3時45分)、いよいよ米国との決勝に臨む。決戦前日の16日、フランクフルトで行われた記者会見で、MF沢穂希主将(32)=INAC神戸=は「十分チャンスはあると思う。こんなチャンスは楽しむしかない」と意気込んだ。過去24度戦って一度も勝ったことがない強敵が相手だが、戦うごとにたくましさを増した大和なでしこたちが、初優勝で日本サッカーの歴史を変える。
 世界一を懸けた米国との決勝を前にしても、“なでしこジャパン”に気後れなどない。あるのは、激戦を経てつかんできた自信だけだ。
 フランクフルトでの練習前に、試合会場で行われた記者会見。柔和な表情の沢主将が、自信を漂わせた。「あした(17日)の試合はサッカー人生最高の試合にしたい。米国が負けたスウェーデンに勝てたし、十分チャンスはあると思う」‐。
 相手は国際サッカー連盟(FIFA)世界ランキング1位の強豪。これまでに日本は勝ったことがないが、手応えはある。準々決勝では、それまでの対戦で1分け7敗だったドイツを1‐0で破ってW杯3連覇を阻み、準決勝では先制されたスウェーデンに1‐3と快勝。そのスウェーデンは、1次リーグで米国を2‐1と下している。
 決勝戦に向け、持ち味である前線からのプレスとボールを奪ってからの攻撃の形を確認。守備陣は相手のクロスボールをはね返す練習で、体格やスピードで日本を上回る米国への対策を進めてきた。佐々木則夫監督も「(連敗した)5月の遠征はコンディションが良くなかった。今は数段違う。勝てる確率は高いと思う」と淡々とした口調で自信に満ちた言葉を並べた。
 15歳で日本代表に選ばれてから五輪に3回出場し、W杯は今回が5度目の出場。チームの大黒柱は、ここまで得点ランクトップの4得点を挙げ、大会MVP候補にも挙がっている。大会前から「今回メダルを取らなくて、いつ取るの!」と仲間を叱咤(しった)激励してきたが、大一番を前に「世界の頂点を目指してやってきた。重圧はない。こんなチャンスは楽しむしかない」と自然体だ。
 米国・ランポーン主将も沢穂希を「偉大なリーダー」と評し「沢がチームに躍動感を生んでいる。勝つためには彼女に仕事をさせないこと」と警戒する。
 起こせ、奇跡!サッカーがとにかく好きで、男の子に交じってプレーしてきた女の子が、心を通わせる仲間とともに、大和なでしこ21人で頂点をつかみ取る。











(*)素敵な情報 画像 掲示板 BBS 全国各地のイベント 注目の話題 今週の予定 面白い話題 今週の予定 注目の話題 注目の記事
http://eventinfo.dtiblog.com/blog-category-3.html
by daylyinfo | 2011-07-17 08:54 | 好きなスポーツ