人気ブログランキング |

面白い話題や、注目の話題や、訳あり情報の掲示板


by daylyinfo

金子みすゞ

e0192740_14242417.jpg

056.gif金子みすゞ(金子みすず)詩 こだまでしょうか 掲示板
http://dankaisyowa.seesaa.net/article/231156204.html


(*)金子みすゞ - Wikipedia
金子みすゞ(かねこ みすず、1903年(明治36年)4月11日 - 1930年(昭和5年)3月10日)は、大正時代末期から昭和時代初期にかけて活躍した童謡詩人。本名、金子テル(かねこ テル)。
大正末期から昭和初期にかけて、26歳の若さでこの世を去るまでに512編もの詩を綴ったとされる。1923年(大正12年)9月に『童話』『婦人倶楽部』『婦人画報』『金の星』の4誌に一斉に詩が掲載され、西條八十からは若き童謡詩人の中の巨星と賞賛された。



(*)金子みすゞ記念館
http://www.city.nagato.yamaguchi.jp/misuzu/index.html
所在地:山口県長門市仙崎1308



(*)「歴史秘話ヒストリア~大正の詩人・金子みすゞの秘密~」(NHK総合)
http://www.nhk.or.jp/historia/backnumber/102.html
平成23年10月19日(水)22:00~22:43 NHK総合
東日本大震災後、「こだまでしょうか」で注目を集めた大正時代の詩人・金子みすゞ。地方の一主婦だったみすゞは故郷の海を描いた詩で大ブレイク、一躍人気詩人となります。しかし代表作「こだまでしょうか」を書いた頃のみすゞは、不幸のどん底にいました。名作に秘められた愛と悲しみの物語です。








e0192740_142935100.jpg

金子みすゞ
by daylyinfo | 2011-10-19 14:29 | 芸術